×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

SHOP INFORMATION

店舗名 米山堂
所在地 〒605-0951 京都府京都市東山区東大路七条下ル東瓦町681-26
電話番号 075-525-0203
メールアドレス info@yoneyamadou.com
>

CALENDER

HOME»  香合・蓋置・茶杓»  香合»  炉用香合»  松本鉄山造 織部弾香合 【共箱】

松本鉄山造 織部弾香合 【共箱】

松本鉄山造 織部弾香合【共箱】

★柄は当店にお任せになります。

瀬戸焼き【松本鉄山(安右ェ門窯)】
※大正11年生まれ
※2代: 山口錠鉄の次男
※母方実家の窯元へ養子となり安右ェ門窯の後を継ぐ。
※ 愛知県瀬戸市上水野町在

・・・・・<参考資料>・・・・・
【道具の見どころ】「参考:保育社発行:茶道入門・茶道用語」
・・・・・
香合・・室町時代の書院台子の茶事の時代は、香炉に重きが置かれ・・・利休の時代になって、炭点前が茶事に置いて、必ず行われるようになり、次第に香合の地位があがったと言えます。
一、香合には,風炉用の塗物と炉用の陶磁器とに大別されますが,兼用の貝などもあります。 小型は炭点前に,大型のものは床飾りにも用いられます。
一、現在は風炉用として塗物・蒔絵・瓢フクベ・貝などの香合が,炉用として陶磁器が用いられています。貝の香合などは炉・風炉共に用いられることもありますが、●『練香ネリコウを、用いる場合は香合を汚さないように椿の葉を敷いて入れる習わしです。』炭点前が済んだことを表したり省略する意味から,香合を床に飾ることが今日では広く行われるようになった。
勿論香合にも濃茶席に相応しいものと,薄茶席用のみのものなどがあり,その区別は個々について十分考慮する必要があります。
●一、江戸時代末期に至り,巷間に用いられていた香合について,当時の茶人等はこれを整理,評価を加えて優劣の判定を下し,その格付を行ったのが,安政アンセイ二年(1855)刊の『形物香合相撲番付表』です。
・・・・・<利休の四規七則>・・・・・
● 床飾り
一、大寄せの茶会では諸飾りをする。  お軸を中心に下座に花を上座に香合を紙釜敷に載せ飾る。
一、香合は炭点前を省かせていただきましたとの意味。
一、籠花入れは風炉の時期、薄板は用いない、花入、薄板ともに真、行、草の三種あり、飾り方も異なる。
  一、また、お軸が縦物か横物で、高さが違って来る。 これらの飾り方は古くから伝わる美意識が約束事になったのかもしれない。

  • 松本鉄山造 織部弾香合 【共箱】

  • 販売価格

    4,800円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品